ケアスポの岸です!初めての方は、プロフィールをどうぞ!

今日は足関節の捻挫に関してのお話です。

先週の木曜日に受傷して、昨日来院。一昨日のフットサルの練習時に痛みがありましたが、テーピング固定なしでプレー。途中痛み強くリタイア。

足首の内側(三角靭帯)を痛めていて、写真でわかるように腫れもあります。

よくこれで、フットサルができたなと感心します。

7月にフットサルリーグが再開するのでそれまでに万全の状態にしないといけません。

立体動態波とLIPUS(超音波)で治療して、患部の痛み腫れを軽減させ治癒を早めます。
※この立体動態波とLIPUSは治療効果も高く、今まで使用していた物理療法より回復が早いです。

最後に患部を固定。

まずは腫れをなくして、その後患部のリハビリや患部外のリハビリを行い、ランニング、ステップワークなどに移行していき復帰を目指します。

足関節の捻挫は、最初の処置が肝心です!この最初の処置がしっかりできていないと、競技復帰も遅れます。中途半端に競技復帰すると、痛みが残ったままプレーを続ける選手を過去に何人も見てきました。

適切な治療、リハビリ、復帰時期がとても大切な怪我です。

皆さんもお気をつけてください。

ではまた!

JR船橋駅徒歩7分・京成船橋駅徒歩6分《スポーツ整体・鍼・スポーツトレーナーがカラダを見て改善していく治療院》 ・ネット予約受付アクセス方法・専用駐車場2台あり(当院目の前)