スポーツ外傷とは、プレー中に明らかな外からのチカラによって組織が損傷した場合を言います。例を挙げると転倒や衝突などによって起こる捻挫や打撲、骨折、肉離れ・靭帯損傷などのケガのことを言います。スポーツ障害とは、スポーツによって繰り返し過度の負担が積み重なり、痛みを主とした慢性的に症状が続くものを言います。軽いものではプレー中の痛み、プレー後の痛みで済みますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。それゆえに、初期の段階で正しい処置をすることが、最も重要になります。無理を続けてしまうと長期間スポーツができなくなってしまったり、手術等までいってしまうと、本来持つパフォーマンスが発揮できなくなってしまいますので、早めの診察をオススメいたします。

どのスポーツでもいえることですが、いかに未然に外傷や障害を防ぐ努力をしていてもスポーツ障害は発生してしまうものです。大切なことは、その外傷・障害がおきた際に適切な処置が取れるかどうかが、最も大切になります。スポーツを楽しむ子供から大人まで、すべての人が悔いなく楽しめるようサポートできたらと考えております。