坐骨神経痛とは、
<腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・梨状筋症候群>
などの疾患から、坐骨神経を圧迫してしまうことにより、お尻の痛み・太ももやふくらはぎなど足のシビレ・足先の感覚障害・筋力低下などを引き起こします。

まず、原因となる疾患は何かを見極めていくことが大切になります。

そして、原因となる疾患が判明した次に治療に入ります。

有効的な治療としては、鍼、電気療法、マッサージ、ストレッチが効果的です。

とくに有効な治療法として、鍼治療・超音波治療が効果が高いです。

鍼治療では、腰周囲と坐骨神経のラインに鍼を刺すことで坐骨神経痛が軽減されます。

超音波治療では、坐骨神経のラインに超音波を入れることにより坐骨神経が温まり神経痛が和らぎます。

治療で症状を抑えた後は、ご自宅でのセルフケアです。ストレッチや運動をお伝えして、継続的にケアすることで坐骨神経痛の症状が軽減されていきます。

坐骨神経痛は、ギックリ腰などの急性期の症状とは違うため、定期的な治療とご自身でのセルフケアが大切になってきます。

お気軽にご相談いただければと思います。