鍼は髪の毛ぐらいの細さなので、刺すときの痛みはほとんどありません。刺した後に、重い鈍痛(ズーン)という響きを感じますが、これは得気(とっき)と言われます。この字の通り「気を得る」という意味で、得気を感じると治療効果も高くなります。得気が苦手な方は、こちらで調節できますのでご相談ください。